食戟のソーマってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

食戟のソーマってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

食戟のソーマ

全36巻完結

 

巻数

全36巻(完結)

掲載誌

週刊少年ジャンプ

掲載時期

2012年52号 - 2019年29号

コミックス種類

ジャンプ・コミックス

作者

原作:附田祐斗
作画:佐伯俊
協力:森崎友紀

出版社

集英社

 

 

タイトルでネタバレなしと書きましたが、この作品の面白さを紹介する以上、

 

 

 

どうしても序盤(単行本1,2巻ぐらいまでの一部)の内容、設定はネタバレして紹介していきます。

 

 

 

また隠せる内容は極力「クリックで展開する折りたたみメニュー」を使って非表示にして、その内容が見えないようにしています。

 

 

食戟のソーマの極力ネタバレなしの導入部の紹介

お色気系のグルメバトル漫画です。

 

 

 

主人公は高校一年生の料理人、幸平創馬(ゆきひら そうま)です。

 

 

 

非常に味が良いと人気の大衆食堂「幸平」で料理の修行をしていたのですが、

 

 

店主の父親が他所に引き抜かれたのをきっかけに一旦店を閉める事にします。

 

 

 

父親は、息子(主人公)に『卒業するのが非常に難しい料理学校「遠月茶寮学園 (通称?)遠月学園」』に入れて修行させようとします。

 

 

 

その学校では問題はすべて料理のバトルで決着をつけるという慣習があり、その料理バトルを「食戟」と呼んでいます。

 

 

 

主人公は、この難関校でてっぺんをとるように父親に言い渡され・・・というお話です。

 

 

 

料理に感動するリアクションでは、なぜか?裸になる描写が多く、これがこの作品の一つの作風となっております。

 

 

食戟のソーマの見所

  • 料理を食べた時のリアクションは裸が多い
  • 安い食材で高級食材に勝つ
  • 安い食材をいかに工夫して美味しいものにするか?
  • ベタベタな学園階級制?に主人公が挑んでいく所
  • とにかくクリアしなければ退学になる、といった試練?関門?がやたらと多く、主人公はそれにひたすら挑み続ける所

 

 

・・・といった所でしょうか。

 

 

 

まあ、グルメバトル漫画なので、当然と言えば当然かもしれませんが。。。

 

 

こんな人におすすめ

 

 

  • グルメバトルが好きな人
  • お色気系漫画が好きな人
  • グルメ・料理の解説を読むのが好きな人

 

話が重くない漫画を読みたい、という人にはおすすめです。

 

 

管理人の感想

1,2巻を読んだ時点では、「うん、まあ、料理の所は面白そうかな?」といった感じです。

 

 

 

単純に美味しそうな料理の食事の説明、調理の技法の説明などは読んでいて面白いです。

 

 

 

ベタベタの階級制に挑む話も嫌いではないので、そこも良いです。

 

 

料理のリアクションでは中華一番が一番好きだったかもしれません。^^;)

 

 

 

少年漫画王道の(料理)バトルものが多いので、そういう展開が好きな人には向いているでしょう。

 

 

 

どんな料理漫画でもそうですが、「できあがった料理が本当に美味しいのか?」というのはともかく、

 

 

 

美味しそうな料理ばかり出てくるので、読んでいて飽きなかったのは確かです。

 

 

 

36巻まで続いたのも、わからないわけではないです。

 

 

 

ただ後半は主人公たちの勝ち方が強引だったような気がします。

 

 

 

主人公は負けられない戦いを強いられたので、勝たなければいけなかったのですが、

 

 

 

無理やり(話を)主人公側の勝ちにもっていっているような印象を受けました。

 

 

 

絵はきれいなので、料理の絵も美味しそうで、そこは良かったです。

 

 

 

料理の発想も斬新でそこは良かったと思います。

 

 

お試しで読みたいけど買うのもな・・・という人は宅配コミックレンタル

 

 

お試しで読んでみたいけど買うのもな・・・という人は、コミックレンタルなんかが良いかもしれません。

 

 

 

約2週間から約3週間借りられるので、かなり読み込むことができます。

 

 

 

1冊読むのに15分とすると10冊で150分=2時間半です。

 

 

 

レンタル期間が約2週間もあれば充分、という人には向いているかと思います。

 

 

 

コミックレンタルより古本の方が良くないか?

 

 

「コミックレンタルでは自分のものにならないから古本の方がいいのでは?」と、最初はそう思ったのですが、自分の場合、古本はかなり場所をとりました。。。

 

 

 

特に長期連載タイトルは、1タイトルだけでかなり場所をとります。

 

 

 

「本当に何回も読みたいから手元で保管しておきたい」と思うほどの漫画が少ない人にとっては、

 

 

 

いろいろと読めるコミックレンタルの方が向いているかもしれません。

 

 

 

↓↓DMMコミックレンタルのページはこちら↓↓

 

 

何回も読みそうだ・・・と思ったら電子書籍で購入するのも手

 

 

本当に何回も読みたい!と思う漫画があったら電子書籍で購入するのも手かもしれません。

 

 

 

場所はとりませんし、旅行などで長い時間、乗り物に乗っている場合なんかではかなりの時間つぶしができます。

 

 

 

漫画を数百冊持ち込めるわけですから。(笑)

 

 

 

↓↓電子書籍のページはこちら↓↓

ebookjapan

DMM電子書籍

 

 

 

 

 

 

 

以上、食戟のソーマの極力ネタバレなしの紹介の話でした。

 

 

page top