デスノートってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

DEATH NOTE(デスノート)ってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

DEATH NOTE(デスノート)

全12巻完結

 

巻数

単行本:全12巻(完結)
文庫版:全7巻(完結)

掲載誌 週刊少年ジャンプ
掲載時期 2003年12月 - 2006年5月
コミックス種類 ジャンプ・コミックス
作者 大場つぐみ・小畑健
出版社 集英社

 

 

タイトルでネタバレなしと書きましたが、この作品の面白さを紹介する以上、

 

 

 

どうしても序盤(単行本1,2巻ぐらいまでの一部)の内容、設定はネタバレして紹介していきます。

 

 

 

また隠せる内容は極力「クリックで展開する折りたたみメニュー」を使って非表示にして、その内容が見えないようにしています。

 

 

DEATH NOTE(デスノート)の極力ネタバレなしの導入部の紹介

人の名前を書くと、その人が死ぬDEATH NOTE(デスノート)。

 

 

 

そのデスノートを手にした一人の天才高校生:『夜神月(やがみ ライト)※月をライトと読ませています。』のお話です。

 

 

 

ジャンルで言うと、サスペンスになるでしょうか。(ホラー要素もないわけじゃあないですが、そこまで怖くないです。)

 

 

デスノートは元々死神が人を殺す際に使うノートなのですが、とある理由で死神のデスノートが、

 

 

 

上述した高校生の手にわたり、その死神と知り合う事になります。

 

 

 

そのデスノートの使い方を知った天才高校生は・・・というお話です。

 

 

DEATH NOTE(デスノート)の見所

いろいろ書きたくはあるのですが、ネタバレになるので控えます。

 

 

 

主人公、夜神月のそのノートの使い道がまず面白いです。

 

 

 

続いてその使い方によって、不審死をとげるものが出てくると、それに対して怪しむものが出てきてそこから・・・という所も面白いです。

 

 

ただこれじゃあまりにも内容がわからないため、興味のある方のみ、1巻の内容を少しだけネタバレすることになりますが、

 

 

 

もう少し内容のわかる紹介をしようと思います。

 

 

 

ネタバレ部は折りたたみ表記にしてありますので、見たくない方はそのまま下の方にお進み下さい。

 

 

 

1巻の内容を少しだけネタバレした内容・見所の紹介

 

 

 

 

 

 

こんな人におすすめ

 

 

  • 推理小説が好きな人
  • あっと驚く展開が好きな人
  • ダークファンタジー・ホラー・サスペンスが好きな人

 

 

管理人の感想

中々面白かったです。

 

 

 

まず設定の名前を書いただけで人を殺せるノートが面白いですし、

 

 

 

その使い方とその後の展開も面白いかと思います。

 

 

画のテイスト?も作風とマッチしていて、良いかと思います。

 

 

 

リアルな画でありながら、綺麗さも保っている画だと思います。

 

 

 

まあ「多少、無理が無いか?」と思う所もなきにしもあらずですが、面白いと言えるかと思います。

 

 

お試しで読みたいけど買うのもな・・・という人は宅配コミックレンタル

 

 

お試しで読んでみたいけど買うのもな・・・という人は、コミックレンタルなんかが良いかもしれません。

 

 

 

約2週間から約3週間借りられるので、かなり読み込むことができます。

 

 

 

1冊読むのに15分とすると10冊で150分=2時間半です。

 

 

 

レンタル期間が約2週間もあれば充分、という人には向いているかと思います。

 

 

 

コミックレンタルより古本の方が良くないか?

 

 

「コミックレンタルでは自分のものにならないから古本の方がいいのでは?」と、最初はそう思ったのですが、自分の場合、古本はかなり場所をとりました。。。

 

 

 

特に長期連載タイトルは、1タイトルだけでかなり場所をとります。

 

 

 

「本当に何回も読みたいから手元で保管しておきたい」と思うほどの漫画が少ない人にとっては、

 

 

 

いろいろと読めるコミックレンタルの方が向いているかもしれません。

 

 

 

↓↓DMMコミックレンタルのページはこちら↓↓

 

 

何回も読みそうだ・・・と思ったら電子書籍で購入するのも手

 

 

本当に何回も読みたい!と思う漫画があったら電子書籍で購入するのも手かもしれません。

 

 

 

場所はとりませんし、旅行などで長い時間、乗り物に乗っている場合なんかではかなりの時間つぶしができます。

 

 

 

漫画を数百冊持ち込めるわけですから。(笑)

 

 

 

↓↓電子書籍のページはこちら↓↓

ebookjapan

DMM電子書籍

 

 

 

 

 

 

 

以上、DEATH NOTE(デスノート)の極力ネタバレなしの紹介の話でした。

 

 

page top