漫画キングダムってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

漫画キングダムってどんな話?極力ネタバレなしで紹介

 

キングダム

53巻以上

 

巻数 53巻以上(2019年2月)
掲載誌 週刊ヤングジャンプ
掲載時期 2006年9号 - 連載中
コミックス種類 ヤングジャンプ・コミックス
作者 原泰久
出版社 集英社

 

 

タイトルでネタバレなしと書きましたが、この作品の面白さを紹介する以上、

 

 

 

どうしても序盤(単行本1,2巻ぐらいまでの一部)の内容、設定はネタバレして紹介していきます。

 

 

 

また隠せる内容は極力「クリックで展開する折りたたみメニュー」を使って非表示にして、その内容が見えないようにしています。

 

 

キングダムの極力ネタバレなしの導入部の紹介

中国の春秋時代に秦の始皇帝が中華を統一していく過程で、

 

 

 

共に武将として活躍する少年の英雄譚が描かれています。

 

 

 

『紀元前246年?ぐらい〜紀元前220年頃(予定)』

 

 

始皇帝は史記などでは疑い深く、万里の長城を作らせるために重い税をかけて、

 

 

 

人民を奴隷のように働かせて多くの人を死に至らしめた悪逆の王として書かれていますが、

 

 

 

本書では長引く戦乱を終結させるために、己が手を血に染めてもいいという覚悟で

 

 

 

戦争を終結させようとする善玉キャラとして描かれています。

 

 

 

時代でいうと紀元前246年?ぐらい〜紀元前220年頃(予定)のお話のようです。

 

 

 

紀元前246年は始皇帝が14才の時の年齢です。

 

 

 

主人公:信は同い年か一コ下だったと思います。(作中で具体的には書かれていなかったかと思います。)

 

 

 

また「始皇帝」という呼び名も中華を統一して皇帝となってからの呼び名で、作中では姓を「※(えい)」(難しい漢字で変換できないので「※」にしています)、名を政(せい)としています。

 

 

 

この(後の始皇帝である)と共に中華統一のために武将として活躍する少年、が主人公です。

 

 

 

ちなみに「項羽と劉邦」が紀元前207年?ぐらい〜のお話で、三国志が紀元後180年から280年ぐらいのお話になります。

 

 

 

主人公:信は元下僕の身分で物語は始まります。

 

 

 

下僕というのは(作中では)家政婦のような仕事をしていますが、扱いは奴隷のような扱いです。

 

 

 

給料は出ずに働く代わりに食事がもらえる、という身分です。

 

 

 

天下の大将軍になる事を夢見て、同僚の下僕の「漂(ひょう)」と一緒に(仕事の合間に)猛烈な剣の鍛錬に励む所から物語は始まります。

 

 

漫画キングダムの見所

 

 

時には戦を決定づけるような主人公:信の大活躍

 

 

信は幼い頃から漂と剣の鍛錬を欠かさなかったため、戦の中で獅子奮迅の大活躍をします。

 

 

 

時には戦を決定づけるような大活躍もします。

 

 

 

あっと驚くような戦の采配があり、それを俯瞰図(上から見た図)でわかりやすく描写

 

 

キングダムでは、あっと驚くような戦の采配が敵味方であり、そのために思わぬ窮地におちいったり、

 

 

 

戦の流れをひっくり返したり、ひっくり返されたり、という描写が多くあります。

 

 

 

そしてその驚くような采配をちゃんと俯瞰図(上から見た図)などでわかりやすく描写しているのです。

 

 

 

重要キャラが容赦なく死ぬ圧倒的リアリティ

 

 

この漫画は基本的には史実にそっているため、どんなに読者に人気のキャラでも死ぬべき時には死んでしまいます。

 

 

 

少年漫画にありがちな「人気キャラは死なない」という法則がないため、好みのキャラの戦の時には、ものすごくハラハラします

 

 

 

その分、ストーリーに圧倒的なリアリティを感じます。

 

 

 

魅力あふれる主役級の脇役たち

 

 

ネタバレになるので、あまり書きませんが、天才的な知略を持つ軍師や化け物クラスの武将が山ほど出てきます。

 

 

 

それらの軍師や武将がぶつかりあい、物語に深みを見せています。

 

 

 

主役級ではないかもしれないが、存在感が強烈な脇役たち

 

 

中華の七国がそれぞれ他国に侵略されないように頑張っているので、文官や武将で各国に何人も大物が存在しています。

 

 

 

悪役?(敵役)も含めて個性豊かなキャラが多いです。

 

 

 

変な下品さがない

 

 

蒼天航路という漫画では、そういう作風上、仕方の無い事なのかもしれないが、「ここでその意味あるの??」という性的描写が多々あったりします。

 

 

 

(諸葛亮孔明の登場シーンとか。。。)

 

 

 

キングダムにも性的な描写はありますが、ストーリー上必要最低限なもののみに留めている所に管理人は好感を持っています。

 

 

こんな人におすすめ

  • 複数の国が覇をかけて争う戦国ものの話が好きな人
  • 一武将の成り上がりストーリーなんかが好きな人
  • 戦の進行を駒のようなもの(凸←こんなの)で詳しく説明してくれる漫画が読みたい人
  • 深い感動を味わいたい人

 

 

 

管理人のキングダムの感想

メチャクチャ面白いです。

 

 

 

読んだ漫画の中でおすすめランキング1位にしたい所ですが、この記事を書いている段階(2019/03)ではまだ未完なので、2位にします。

 

 

 

(1位は横山光輝先生の三国志です。)

 

 

未完でダメな理由は、管理人は最後まで読んで「あ〜面白かった〜」となりたいからです。

 

 

 

未完だと「続きが気になるーー!!」となるので2位になります。(笑)

 

 

 

キングダムは続きの内容にもよりますが、おそらく完結すれば1位になる漫画かと思います。

 

 

 

1巻から5巻まではあまり面白くないと思う人がいるかも。。。

 

 

キングダムの1巻から5巻までの章は、もしかするとあまり面白くないと思う人もいるかもしれません。

 

 

 

6巻以上は読んでみる事をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

以上、管理人の感想ですがとても面白いので、いきなり紙でも電子書籍でもいいので、保存版の書籍を買ってもいいんじゃないか?というレベルです。

 

 

 

まあ、まずは宅配コミックレンタルなんかで、ざっと読むのが良いかもしれません。

 

 

お試しで読みたいけど買うのもな・・・という人は宅配コミックレンタル

 

 

お試しで読んでみたいけど買うのもな・・・という人は、コミックレンタルなんかが良いかもしれません。

 

 

 

約2週間から約3週間借りられるので、かなり読み込むことができます。

 

 

 

1冊読むのに15分とすると10冊で150分=2時間半です。

 

 

 

レンタル期間が約2週間もあれば充分、という人には向いているかと思います。

 

 

 

コミックレンタルより古本の方が良くないか?

 

 

「コミックレンタルでは自分のものにならないから古本の方がいいのでは?」と、最初はそう思ったのですが、自分の場合、古本はかなり場所をとりました。。。

 

 

 

特に長期連載タイトルは、1タイトルだけでかなり場所をとります。

 

 

 

「本当に何回も読みたいから手元で保管しておきたい」と思うほどの漫画が少ない人にとっては、

 

 

 

いろいろと読めるコミックレンタルの方が向いているかもしれません。

 

 

 

↓↓DMMコミックレンタルのページはこちら↓↓

 

 

何回も読みそうだ・・・と思ったら電子書籍で購入するのも手

 

 

本当に何回も読みたい!と思う漫画があったら電子書籍で購入するのも手かもしれません。

 

 

 

場所はとりませんし、旅行などで長い時間、乗り物に乗っている場合なんかではかなりの時間つぶしができます。

 

 

 

漫画を数百冊持ち込めるわけですから。(笑)

 

 

 

↓↓電子書籍のページはこちら↓↓

ebookjapan

DMM電子書籍

 

 

 

 

 

 

 

以上、漫画「キングダム」の極力ネタバレなしの紹介の話でした。

 

 

キングダムが面白いと思った人へのおすすめ漫画

 

 
漫画の三国志でおすすめの横山光輝作品の紹介

 

三国志は西暦180年から280年あたりの中国の主に三国の興亡史を描いた作品です。小説では名前が覚えられない、名前と人物が一致しない、といった事で挫折をした人でも漫画ならわかりやすく読めてしまいます。数百年語り継がれている作品だけあって、非常〜〜〜に面白いです。

 
漫画の項羽と劉邦でおすすめの横山光輝作品の紹介

 

項羽と劉邦は紀元前207年?あたりからの秦の始皇帝が初めて中国を統一した後からの話になります。始皇帝の暴政に苦しみ、項羽や劉邦などの英傑達が秦の反乱を起こし、後にこの2人が・・・という話です。この頃の歴史が面白く読めます。

page top