ハンター×ハンターってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

ハンター×ハンターってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

ハンター×ハンター

36巻以上

 

巻数 36巻以上(2019年3月現在)
掲載誌 週刊少年ジャンプ
掲載時期 1998年14号 - 連載中
コミックス種類 ジャンプ・コミックス
作者 冨樫義博
出版社 集英社

 

 

タイトルでネタバレなしと書きましたが、この作品の面白さを紹介する以上、

 

 

 

どうしても序盤(単行本1,2巻ぐらいまでの一部)の内容、設定はネタバレして紹介していきます。

 

 

 

また隠せる内容は極力「クリックで展開する折りたたみメニュー」を使って非表示にして、その内容が見えないようにしています。

 

 

ハンター×ハンターの極力ネタバレなしの導入部の紹介

36巻以上ある長期連載漫画です。

 

 

 

超絶難関資格「ハンター」のライセンスを持つ父に会うためにハンターになる事を夢見る少年ゴンの話です。

 

 

 

ただ7巻あたりから超能力バトル漫画になっていきます。(というかそれがメインでしょう。)

 

 

主人公はゴンという名前の10才(だったと思います。。)の少年です。

 

 

ハンター×ハンターの見所

この漫画の見所は何と言っても作者が練りに練り上げた超能力の概念・ルールじゃないでしょうか?

 

 

 

この作者はかな〜〜りの凝り性のようで、ルール作り、背景や設定の構築は病的なほどです。

 

 

 

非常によくできたルールで、このルールの部分を読むだけでも、かなり面白く感じます。

 

 

魅力的なキャラクターも多いです。

 

 

 

はっきりいって主役はそれほど魅力は感じません。(笑)

 

 

 

逆に主役を食う(人気を上回るという意味)ぐらいのキャラクターは、管理人が考えるだけでも3人はいます。

 

 

 

それ以外にも個性的なキャラクターが多く、楽しめます。

 

 

 

物語の背景や設定も、ものすごく練り上げられているので、章の序盤は楽しめます。

 

 

 

章の中盤・終盤はやや駆け足で進めたりする所はあるものの、それでも他作品よりは面白い!!と思える所があります。

 

 

こんな人におすすめ

 

 

  • 長期連載漫画が好きな人
  • 超能力バトル漫画が好きな人
  • (超)能力を細かく設定するゲームや漫画が好きな人
  • 多少ダークな雰囲気を持っている漫画が好きな人

 

 

管理人の感想

かなり面白いです。

 

 

 

ただ見所でも書きましたが、章の中盤・終盤は多少物足りなさを感じる所があるかもしれません。

 

 

この作者の悪い所?ですが、一つの章に設定を盛りすぎです。

 

 

 

もっと分けて書けばいいのにな?と思うのですが、作者のこだわりなのでしょうか。。。

 

 

 

盛りだくさんで新章に突入するのは、ありがたいのですが、話の回収はちゃんとさせて欲しいな。。。と願う所です。

 

 

 

ただ超能力バトルなどは面白いものも多く、満足できます。

 

 

 

「全てにおいてそうして欲しい」と欲張らなければ、充分面白いです。

 

 

 

保存版でおすすめしたい作品です。

 

 

お試しで読みたいけど買うのもな・・・という人は宅配コミックレンタル

 

 

お試しで読んでみたいけど買うのもな・・・という人は、コミックレンタルなんかが良いかもしれません。

 

 

 

約2週間から約3週間借りられるので、かなり読み込むことができます。

 

 

 

1冊読むのに15分とすると10冊で150分=2時間半です。

 

 

 

レンタル期間が約2週間もあれば充分、という人には向いているかと思います。

 

 

 

コミックレンタルより古本の方が良くないか?

 

 

「コミックレンタルでは自分のものにならないから古本の方がいいのでは?」と、最初はそう思ったのですが、自分の場合、古本はかなり場所をとりました。。。

 

 

 

特に長期連載タイトルは、1タイトルだけでかなり場所をとります。

 

 

 

「本当に何回も読みたいから手元で保管しておきたい」と思うほどの漫画が少ない人にとっては、

 

 

 

いろいろと読めるコミックレンタルの方が向いているかもしれません。

 

 

 

↓↓DMMコミックレンタルのページはこちら↓↓

 

 

何回も読みそうだ・・・と思ったら電子書籍で購入するのも手

 

 

本当に何回も読みたい!と思う漫画があったら電子書籍で購入するのも手かもしれません。

 

 

 

場所はとりませんし、旅行などで長い時間、乗り物に乗っている場合なんかではかなりの時間つぶしができます。

 

 

 

漫画を数百冊持ち込めるわけですから。(笑)

 

 

 

↓↓電子書籍のページはこちら↓↓

ebookjapan

DMM電子書籍

 

 

 

 

 

 

 

以上、ハンター×ハンターの極力ネタバレなしの紹介の話でした。

 

 

page top