ブリーチってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

ブリーチ(BLEACH)ってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

ブリーチ(BLEACH)

全74巻完結

 

巻数 全74巻(完結)
掲載誌 週刊少年ジャンプ
掲載時期 2001年36・37合併号 - 2016年38号
コミックス種類 ジャンプ・コミックス
作者 久保帯人
出版社 集英社

 

 

タイトルでネタバレなしと書きましたが、この作品の面白さを紹介する以上、

 

 

 

どうしても序盤(単行本1,2巻ぐらいまでの一部)の内容、設定はネタバレして紹介していきます。

 

 

 

また隠せる内容は極力「クリックで展開する折りたたみメニュー」を使って非表示にして、その内容が見えないようにしています。

 

 

ブリーチ(BLEACH)の極力ネタバレなしの導入部の紹介

高校一年生の主人公:黒崎一護(いちご)の特殊能力付きの刀による剣技アクション漫画です。

 

 

 

ちょっと不良っぽい一護は霊感が強いため、死神である朽木ルキア(女)の悪霊退治に巻き込まれてしまいます。

 

 

 

その後、死神として素質が開花していき・・・というお話です。

 

 

ここから若干、ネタバレが入ります。

 

 

 

ワンピースでは悪魔の実による特殊能力でのバトルになり、ドラゴンボールでは気を具現化・視覚化させたものをぶつけあうバトルになる、

 

 

 

という話になりますが、ブリーチの場合、それをどう表現するのか?という話になります。

 

 

 

ブリーチの場合、死神が固有で持つ(内面から作り上げる?)刀で戦うお話になります。

 

 

 

その刀には死神固有の特殊能力がついていて・・・というお話です。

 

 

ブリーチ(BLEACH)の見所

全74巻という超長編漫画である事を考えて見ても面白い(多くの読者から支持されていた)事がうかがえます。

 

 

 

基本?、剣技ものなので剣を使ったアクションが好きな人に向いています。

 

 

 

個人的には、背景、描写、技名が純和風な所にとても味わい深さを感じました。

 

 

ストーリーも長く楽しめて、面白かったのですが、終盤はさすがにかなりの「無理やりの引き延ばし感」がありました。。。^^;)

 

 

 

敵・味方キャラ共に個性的で魅力的なキャラも多いのではないかと思います。

 

 

こんな人におすすめ

 

 

  • 和風な雰囲気が好きな人
  • 剣・刀もののアクションが好きな人
  • 特殊能力バトルが好きな人
  • 異世界ファンタジーな話が好きな人
  • ハンター×ハンター、ダイの大冒険、クレイモア(という漫画)などが好きな人

 

 

ハンター×ハンターのような超能力バトル漫画やダイの大冒険のように剣による特殊能力系の技が好きだった人、

 

 

 

クレイモアはまんま特殊能力剣技系の漫画だったので、こんな漫画が好きだった人には向いているかと思います。

 

 

管理人の感想

とても面白かったです。

 

 

 

45巻までが面白いかと思いますが、序盤(8巻ぐらいまで)は、あまり面白くないかもしれません。

 

 

 

そこ以降が面白いので、そこまでは我慢して?読んでほしいところです。^^;)

 

 

管理人は技名などが純和風な所が好みでした。

 

 

 

特殊能力系のバトルも好きなので、飽きずに読めたのだと思います。

 

 

 

終盤は「最後どうなるのだろう?」という事だけが気になって、惰性で読んでいましたが。。。^^;)

 

 

 

まあ、長期連載漫画に引き延ばしは付き物なので、そこはしょうがないです。

 

 

 

それをさしひいてもやはり面白かったと思います。

 

 

お試しで読みたいけど買うのもな・・・という人は宅配コミックレンタル

 

 

お試しで読んでみたいけど買うのもな・・・という人は、コミックレンタルなんかが良いかもしれません。

 

 

 

約2週間から約3週間借りられるので、かなり読み込むことができます。

 

 

 

1冊読むのに15分とすると10冊で150分=2時間半です。

 

 

 

レンタル期間が約2週間もあれば充分、という人には向いているかと思います。

 

 

 

コミックレンタルより古本の方が良くないか?

 

 

「コミックレンタルでは自分のものにならないから古本の方がいいのでは?」と、最初はそう思ったのですが、自分の場合、古本はかなり場所をとりました。。。

 

 

 

特に長期連載タイトルは、1タイトルだけでかなり場所をとります。

 

 

 

「本当に何回も読みたいから手元で保管しておきたい」と思うほどの漫画が少ない人にとっては、

 

 

 

いろいろと読めるコミックレンタルの方が向いているかもしれません。

 

 

 

↓↓DMMコミックレンタルのページはこちら↓↓

 

 

何回も読みそうだ・・・と思ったら電子書籍で購入するのも手

 

 

本当に何回も読みたい!と思う漫画があったら電子書籍で購入するのも手かもしれません。

 

 

 

場所はとりませんし、旅行などで長い時間、乗り物に乗っている場合なんかではかなりの時間つぶしができます。

 

 

 

漫画を数百冊持ち込めるわけですから。(笑)

 

 

 

↓↓電子書籍のページはこちら↓↓

ebookjapan

DMM電子書籍

 

 

 

 

 

 

 

以上、ブリーチ(BLEACH)の極力ネタバレなしの紹介の話でした。

 

 

page top