センゴクってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

センゴクってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

「センゴク」シリーズ

59巻以上

 

巻数

59巻以上(続巻)
−−−−−−−−−−
センゴク
全15巻
センゴク天正記
全15巻
センゴク一統記
全15巻
センゴク権兵衛
14巻以上

掲載誌 週刊ヤングマガジン
掲載時期

センゴク
2004年21号 - 2007年45号
センゴク天正記
2008年3号 - 2012年26号
センゴク一統記
2012年31号 - 2015年45号
センゴク権兵衛
2015年50号 -

コミックス種類 ヤンマガKCスペシャル
作者 宮下英樹
出版社 講談社

 

 

タイトルでネタバレなしと書きましたが、この作品の面白さを紹介する以上、

 

 

 

どうしても序盤(単行本1,2巻ぐらいまでの一部)の内容、設定はネタバレして紹介していきます。

 

 

 

また隠せる内容は極力「クリックで展開する折りたたみメニュー」を使って非表示にして、その内容が見えないようにしています。

 

 

センゴクの極力ネタバレなしの導入部の紹介

美濃(みの)の斉藤家に仕えていた仙石権兵衛秀久(せんごくごんべえひでひさ)の活躍を描いた歴史漫画です。

 

 

 

物語は美濃(みの)・斉藤家の落城寸前の稲葉山城内部から始まります。

 

 

 

その時の敵は織田信長です。

 

 

ネタバレになりますが、センゴクは織田信長の配下、木下藤吉郎に仕え、活躍していきます。

 

 

センゴクの見所

Wikipediaの概要が非常にわかりやすかったので、下に引用しておきますが、要はいろいろと歴史的資料を調べた上で、

 

 

 

通説に疑問がある所は作者独自の見解で歴史(戦など)を物語っている所に魅力の一つがあります。

 

 

 

他の作品ではあまりクローズアップされていない所を描いている事がある、というのも本作の魅力です。

 

 

 

センゴクのWikipediaの概要の一部

 

仙石同様に山崎新平、鳥居景近、野々村正成、堀才介といったマイナーな武将が、

 

 

 

展開の鍵を握る人物として描かれている点も本作の大きな特徴である。

 

 

 

その上で丹念な歴史研究に基づいて戦国時代の通説・俗説を覆す仮説を「だがこの通説には疑問が残る」

 

 

 

というフレーズと共に提示するのも本作の特徴である。

 

 

 

こうした精密な時代考証と大胆な人物描写の両立による歴史描写は本作の魅力の一つであり、

 

 

 

「全ての常識を覆す超リアル戦国合戦譚」がキャッチフレーズとされている。

 

 

 

また、作中では様々な古文書の一文が解説文と共に引用され、

 

 

 

出典元が明確にされるなど考証に関する誠実な姿勢がとられている。

 

 

引用元:センゴク - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%82%AF

 

単行本の巻数も60巻を超える事はまちがいない長期連載作品なので、多くの読者の支持を得ている点も魅力かと思います。

 

 

 

戦では地形の説明や、部隊がどこからどう動いたか?の説明もあったりするので、そんな所も面白かったです。

 

 

 

他にも織田信長・豊臣秀吉・徳川家康、伊達政宗・武田信玄・上杉謙信などはよく話があったりするのですが、

 

 

 

地方の豪族?(毛利、長宗我部、島津など)の話はあまりないので、そのあたりの事を書いてくれているのもありがたかったです。

 

 

こんな人におすすめ

 

 

  • 歴史漫画が好きな人
  • 戦国ものが好きな人
  • あまりスポットがあたらない歴史的人物の話が読みたい人
  • 三国志、項羽と劉邦、徳川家康などの漫画が好きな人

 

 

管理人の感想

まあ面白かったです。

 

 

 

上の方で「いろいろと歴史的資料を調べた上で、通説に疑問がある所は作者独自の見解で歴史(戦など)を物語っている所に魅力の一つがあり」

 

 

 

・・・と書きましたが、特に○○の戦いの時は

 

 

「へー通説だとそうなんだ〜それは確かに不自然だな〜。確かに作品のような展開の方が自然だな〜」と感心するものがありました。

 

 

 

ただ満足できる話と個人的に消化不良に終わる話があったりして全体的におすすめ!とまでは言えなかったりするのですが、

 

 

 

こういう他であまり読めない話があるので、あまり文句は言えない所です。^^;)

 

 

 

消化不良に終わる話というのは、唐突に話(章)が終わる所もある、という事です。

 

 

 

センゴク(という作品)としては、それ以上書く必要は無い、という判断のもと省略しているのかもしれませんが。。。

 

 

お試しで読みたいけど買うのもな・・・という人は宅配コミックレンタル

 

 

お試しで読んでみたいけど買うのもな・・・という人は、コミックレンタルなんかが良いかもしれません。

 

 

 

約2週間から約3週間借りられるので、かなり読み込むことができます。

 

 

 

1冊読むのに15分とすると10冊で150分=2時間半です。

 

 

 

レンタル期間が約2週間もあれば充分、という人には向いているかと思います。

 

 

 

コミックレンタルより古本の方が良くないか?

 

 

「コミックレンタルでは自分のものにならないから古本の方がいいのでは?」と、最初はそう思ったのですが、自分の場合、古本はかなり場所をとりました。。。

 

 

 

特に長期連載タイトルは、1タイトルだけでかなり場所をとります。

 

 

 

「本当に何回も読みたいから手元で保管しておきたい」と思うほどの漫画が少ない人にとっては、

 

 

 

いろいろと読めるコミックレンタルの方が向いているかもしれません。

 

 

 

↓↓DMMコミックレンタルのページはこちら↓↓

 

 

何回も読みそうだ・・・と思ったら電子書籍で購入するのも手

 

 

本当に何回も読みたい!と思う漫画があったら電子書籍で購入するのも手かもしれません。

 

 

 

場所はとりませんし、旅行などで長い時間、乗り物に乗っている場合なんかではかなりの時間つぶしができます。

 

 

 

漫画を数百冊持ち込めるわけですから。(笑)

 

 

 

↓↓電子書籍のページはこちら↓↓

ebookjapan

DMM電子書籍

 

 

 

 

 

 

 

以上、センゴクの極力ネタバレなしの紹介の話でした。

 

 

センゴクが面白いと思った人へのおすすめ漫画

 

全60巻完結

 
漫画の三国志でおすすめの横山光輝作品の紹介

 

三国志は西暦180年から280年あたりの中国の主に三国の興亡史を描いた作品です。小説では名前が覚えられない、名前と人物が一致しない、といった事で挫折をした人でも漫画ならわかりやすく読めてしまいます。数百年語り継がれている作品だけあって、非常〜〜〜に面白いです。

全21巻完結

 
漫画の項羽と劉邦でおすすめの横山光輝作品の紹介

 

項羽と劉邦は紀元前207年?あたりからの秦の始皇帝が初めて中国を統一した後からの話になります。始皇帝の暴政に苦しみ、項羽や劉邦などの英傑達が秦の反乱を起こし、後にこの2人が・・・という話です。この頃の歴史が面白く読めます。

53巻以上

 
漫画キングダムってどんな話?極力ネタバレなしで紹介

 

中国の春秋時代に秦の始皇帝が中華を統一していく過程で、共に武将として活躍する少年の英雄譚が描かれています。本書では始皇帝は長引く戦乱を終結させるために、己が手を血に染めてもいいという覚悟で戦争を終結させようとする善玉キャラとして描かれています。戦では布陣図などを用い、戦の策略などをわかりやすく描いてくれています。

59巻以上

 
センゴクってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

美濃(みの)の斉藤家に仕えていた仙石権兵衛秀久(せんごくごんべえひでひさ)の活躍を描いた歴史漫画です。物語は美濃(みの)・斉藤家の落城寸前の稲葉山城内部から始まります。その時の敵は織田信長ですが、すぐに織田信長に仕えて活躍していきます。

16巻以上

 
銀河英雄伝説ってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

ある2つの勢力、「専制君主制の銀河帝国」と「民主共和制の自由惑星同盟」の宇宙戦争を描いたお話です。戦力は主に宇宙戦艦で、ガンダムのような人型ロボットは出てきておりません。その銀河帝国にいる「容姿端麗だが、勝気で優秀な金髪の戦のうまい一人の主人公」が、銀河帝国の軍でのし上がっていこうとして・・・というお話です。1982年から書かれている小説を漫画化したもので、小説としては大ヒットしたものとなっております。

page top