フェアリーテイルってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

フェアリーテイル(FAIRYTAIL)ってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

フェアリーテイル(FAIRYTAIL)

全63巻完結

 

巻数

全63巻(完結)

掲載誌

週刊少年マガジン

掲載時期

2006年35号 - 2017年34号

コミックス種類

KCマガジン

作者

真島ヒロ

出版社

講談社

 

 

タイトルでネタバレなしと書きましたが、この作品の面白さを紹介する以上、

 

 

 

どうしても序盤(単行本1,2巻ぐらいまでの一部)の内容、設定はネタバレして紹介していきます。

 

 

 

また隠せる内容は極力「クリックで展開する折りたたみメニュー」を使って非表示にして、その内容が見えないようにしています。

 

 

フェアリーテイル(FAIRYTAIL)の極力ネタバレなしの導入部の紹介

火を操る力を持ち、仲間想いで熱い心の持ち主だけど、後先考えずに突っ込む性格の

 

 

 

滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツが主人公のファンタジーバトル漫画です。

 

 

 

魔導士に仕事を依頼したい時に、所属している魔導士を紹介してくれる所が魔導士ギルドで

 

 

「フェアリーテイル(妖精の尻尾)」というのは、ある一つの魔導士ギルドの名前になります。

 

 

 

(魔導士ギルドは世界にいくつもある、という設定です。)

 

 

 

作風がもろに(少年ジャンプで連載中の)ワンピースです。

 

 

 

絵もキャラづけも話のすすめ方?も似ています。

 

 

 

超能力バトルものという所もそうですし主人公に圧倒的パワーがある所も後先考えない所も性格が熱い所も似ています。

 

 

 

少年誌の主人公として外せない性格なのでしょうか?(笑)

 

 

 

超能力はドラクエの世界のようにファンタジー感が強いです。

 

 

 

風火水土などのエレメンタルな要素、呪文、召還系の要素が強いです。

 

 

 

もちろん少年漫画王道の肉弾戦もあります。

 

 

 

ちょいちょいお笑いをはさみながらコミカルにストーリーがすすんでいきますが、主人公は完全なボケ役です。^^;)

 

 

フェアリーテイル(FAIRYTAIL)の見所

見所はスケールの大きいド迫力のバトルに多彩な魔導(魔法?)、

 

 

 

またいろいろな性格のキャラとキャラ同士の因縁関係という所でしょうか?

 

 

 

絵もスッキリしていて見やすいです。

 

 

6000万部以上、売り上げているので、かなり人気の高い作品になっているかと思います。

 

 

こんな人におすすめ

 

 

  • 超能力格闘バトルが好きな人
  • 超能力・特殊能力系漫画が好きな人
  • 迫力ある肉弾戦が好きな人

 

 

ワンピースやNARUTOなどが好きな人にはおすすめです。

 

 

管理人の感想

管理人は、このての超能力バトルを楽しむ心が枯れてきているので、途中で読むのをやめてしまいました。

 

 

 

読んだのは25巻あたりまででしょうか。

 

 

ワンピースと比較するのも酷なんですが、エピソードの一つ一つが飛び飛びで、あまりつながりを感じませんでした。

 

 

 

まあ大体の少年漫画はそうなので、このことを理由に微妙だった、というのはバッサリ切りすぎなんですが。。。

 

 

 

まあこの辺は、管理人が「このての漫画」を読み切れなくなったのが原因でしょう。

 

 

 

とはいっても、6000万部の大ヒット作です。

 

 

 

このての漫画が好きな人には、かなり面白いと思える作品となるかと思います。

 

 

お試しで読みたいけど買うのもな・・・という人は宅配コミックレンタル

 

 

お試しで読んでみたいけど買うのもな・・・という人は、コミックレンタルなんかが良いかもしれません。

 

 

 

約2週間から約3週間借りられるので、かなり読み込むことができます。

 

 

 

1冊読むのに15分とすると10冊で150分=2時間半です。

 

 

 

レンタル期間が約2週間もあれば充分、という人には向いているかと思います。

 

 

 

コミックレンタルより古本の方が良くないか?

 

 

「コミックレンタルでは自分のものにならないから古本の方がいいのでは?」と、最初はそう思ったのですが、自分の場合、古本はかなり場所をとりました。。。

 

 

 

特に長期連載タイトルは、1タイトルだけでかなり場所をとります。

 

 

 

「本当に何回も読みたいから手元で保管しておきたい」と思うほどの漫画が少ない人にとっては、

 

 

 

いろいろと読めるコミックレンタルの方が向いているかもしれません。

 

 

 

↓↓DMMコミックレンタルのページはこちら↓↓

 

 

何回も読みそうだ・・・と思ったら電子書籍で購入するのも手

 

 

本当に何回も読みたい!と思う漫画があったら電子書籍で購入するのも手かもしれません。

 

 

 

場所はとりませんし、旅行などで長い時間、乗り物に乗っている場合なんかではかなりの時間つぶしができます。

 

 

 

漫画を数百冊持ち込めるわけですから。(笑)

 

 

 

↓↓電子書籍のページはこちら↓↓

ebookjapan

DMM電子書籍

 

 

 

 

 

 

 

以上、フェアリーテイル(FAIRYTAIL)の極力ネタバレなしの紹介の話でした。

 

 

page top