プラチナエンドってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

プラチナエンドってどんな話?内容をネタバレなしで紹介

 

プラチナエンド

11巻以上

 

巻数

11巻以上

掲載誌

ジャンプスクエア

掲載時期

2015年12月号 - 連載中

コミックス種類

ジャンプ・コミックス

作者

大場つぐみ・小畑健

出版社

集英社

 

 

タイトルでネタバレなしと書きましたが、この作品の面白さを紹介する以上、

 

 

 

どうしても序盤(単行本1,2巻ぐらいまでの一部)の内容、設定はネタバレして紹介していきます。

 

 

 

また隠せる内容は極力「クリックで展開する折りたたみメニュー」を使って非表示にして、その内容が見えないようにしています。

 

 

プラチナエンドの極力ネタバレなしの導入部の紹介

デスノートを書いた小畑健、大場つぐみのコンビが書く

 

 

 

ダークファンタジー特殊ルール系バトル漫画です。

 

 

 

ダークといっても、それほど重くはないですが。

 

 

〇人の人間が「神様に選ばれた天使」から神候補に選ばれ、その神候補には1人の天使がつき、翼か矢が与えられます。

 

 

 

神候補は、その翼や矢の能力を駆使して他の神候補を倒し、

 

 

 

最後の1人になった者が次の神様になれる・・・というお話です。

 

 

 

ネタバレなしにするために極めて簡略化して書いているので、

 

 

 

厳密に言うと上の表現は違う所がありますが、おおむね、そんな設定です。

 

 

 

主人公は中学を卒業したばかりだが、人生に絶望している男子の「架橋 明日(カケハシ ミライ)」。

 

 

 

彼も神候補に選ばれて・・・というお話になります。

 

 

 

ちなみに天使と翼と矢は、普通の人には見えないが神候補となった者には見える、という設定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラチナエンドの見所

「誰が神候補なのかがわからない」状況の中で、いかにして相手を探していくのか?

 

 

 

といった某漫画のような展開を期待していたのですが、これはそうはなりませんでした。

 

 

 

神候補になった人の中で積極的に動くものと関わってしまうようになり、その者たちに巻き込まれる形で進んでいく話です。

 

 

いかにして敵の攻撃をかわすのか?いかにして窮地を切り抜けるのか?が見所となるのか?・・・と

 

 

 

序盤を読んだ頃は思ったし、まあ、そこもあったのですが、だんだんと物語は、別方向へと進んでいきます。

 

 

 

その別方向へのお話が見所でしょうか。

 

 

 

このあたりは下ページの「管理人の感想」の所で、もう少し詳しく書きます。

 

 

こんな人におすすめ

 

 

  • 超能力バトルが好きな人
  • 超能力・特殊能力系漫画が好きな人
  • デスゲーム漫画が好きな人
  • 漫画「デスノート」が好きだった人
  • 超能力などの特殊能力のルールがしっかりと作りこまれた漫画が好きな人

 

 

管理人の感想

「誰が神候補なのか?」という事は翼を持っているか、矢を持っているか、で判断できますが、

 

 

 

翼も矢も隠す事ができるので、翼や矢を使っている時、

 

 

 

もしくは「使っていないけど出している時」にしか見えません。

 

 

また他にも神候補ならではの特性で、神候補かどうかを見破る事ができますが

 

 

 

それでも手掛かりはないに等しい状態です。

 

 

 

そんな「顔も名前もわからない敵(他の神候補)をどうやって見つけるのか?」

 

 

 

積極的に動き出す他の神候補とどう関わっていけばいいのか?

 

 

 

・・・そういった展開を期待していたのですが、選ばれた神候補の性格というかキャラが濃すぎるキャラばかりで・・・。

 

 

 

なおかつ、その濃すぎるキャラが、勝手に動いていく感じで。。

 

 

 

また主人公たちも「そんなに軽率な行動に出るか???」というような、

 

 

 

あまりリアリティの感じられない行動をとっていくので、

 

 

 

「う〜〜〜〜ん、微妙・・・」という感じです。

 

 

 

設定は非常に面白いかと思うのですが。。。

 

 

お試しで読みたいけど買うのもな・・・という人は宅配コミックレンタル

 

 

お試しで読んでみたいけど買うのもな・・・という人は、コミックレンタルなんかが良いかもしれません。

 

 

 

約2週間から約3週間借りられるので、かなり読み込むことができます。

 

 

 

1冊読むのに15分とすると10冊で150分=2時間半です。

 

 

 

レンタル期間が約2週間もあれば充分、という人には向いているかと思います。

 

 

 

コミックレンタルより古本の方が良くないか?

 

 

「コミックレンタルでは自分のものにならないから古本の方がいいのでは?」と、最初はそう思ったのですが、自分の場合、古本はかなり場所をとりました。。。

 

 

 

特に長期連載タイトルは、1タイトルだけでかなり場所をとります。

 

 

 

「本当に何回も読みたいから手元で保管しておきたい」と思うほどの漫画が少ない人にとっては、

 

 

 

いろいろと読めるコミックレンタルの方が向いているかもしれません。

 

 

 

↓↓DMMコミックレンタルのページはこちら↓↓

 

 

何回も読みそうだ・・・と思ったら電子書籍で購入するのも手

 

 

本当に何回も読みたい!と思う漫画があったら電子書籍で購入するのも手かもしれません。

 

 

 

場所はとりませんし、旅行などで長い時間、乗り物に乗っている場合なんかではかなりの時間つぶしができます。

 

 

 

漫画を数百冊持ち込めるわけですから。(笑)

 

 

 

↓↓電子書籍のページはこちら↓↓

ebookjapan

DMM電子書籍

 

 

 

 

 

 

 

以上、プラチナエンドの極力ネタバレなしの紹介の話でした。

 

 

page top